Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://itsmyshortage.blog98.fc2.com/tb.php/85-068ce1c4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【黒庭マジカル・コンダクター】

今回のキーカード

《マジカル・コンダクター/Magical Exemplar》
効果モンスター
星4/地属性/魔法使い族/攻1700/守1400
自分または相手が魔法カードを発動する度に、
このカードに魔力カウンターを2つ置く。
このカードに乗っている魔力カウンターを任意の個数取り除く事で、
取り除いた数と同じレベルの魔法使い族モンスター1体を、
手札または自分の墓地から特殊召喚する。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

《ブラック・ガーデン/Black Garden》
フィールド魔法
「ブラック・ガーデン」の効果以外の方法で
モンスターが召喚・特殊召喚に成功した時、そのモンスターの攻撃力を半分にし、
そのモンスターのコントローラーから見て相手のフィールド上に「ローズ・トークン」
(植物族・闇・星2・攻/守800)1体を攻撃表示で特殊召喚する。
自分はこのカードとフィールド上に表側表示で存在する
全ての植物族モンスターを破壊し、破壊したモンスターの攻撃力の
合計と同じ攻撃力のモンスター1体を自分の墓地から選択して特殊召喚する事ができる。

続きから読めばデッキレシピが見られるぞ!
モンスター(20枚)
氷結界の風水師×2枚
召喚僧サモンプリースト×2枚
終末の騎士
マジカル・コンダクター×3枚
ナイトエンド・ソーサラー×2枚
シンクロ・フュージョニスト
ジェネクス・ブラスト
クリッター
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
エフェクト・ヴェーラー×2枚
ヴァイロン・キューブ×2枚
A・ジェネクス・バードマン×2枚

魔法(18枚)
氷結界の紋章
大嵐
死者蘇生
簡易融合(インスタントフュージョン)×3枚
ワンダー・ワンド×3枚
ミラクルシンクロフュージョン×2枚
ブラック・ガーデン×3枚
テラ・フォーミング×2枚
サイクロン
おろかな埋葬

罠(2枚)
リビングデッドの呼び声×2枚

エクストラデッキ
No.11 ビッグ・アイ
TG ハイパー・ライブラリアン
アーカナイト・マジシャン×2枚
アンデット・ウォーリアー
エンシェント・フェアリー・ドラゴン
カオス・ウィザード
スクラップ・ドラゴン
マジカル・アンドロイド
マジックテンペスター
ラヴァルバル・チェイン
音楽家の帝王(ミュージシャンキング)
覇魔導士アーカナイト・マジシャン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク

すべては魔法カードのために

あなたは《マジカル・コンダクター》というカードを知っているだろうか。
効果ごと、先ほど述べたので愚問であろう。
モンスターでありながら、汎用蘇生効果(手札からの特殊召喚も可能だが)を兼ね備えている。
魔力カウンターを取り除くことで、その数に応じたレベルの魔法使い族を蘇生することが可能だ。
《デブリ・ドラゴン》や《ジャンク・シンクロン》のように、1枚でシンクロ、というわけにはいかない。
なぜなら魔力カウンターを貯めるには、その源たる「魔法カード」を発動せねばならないからだ。
しかし、裏を返せば魔法カードを効率良く発動することができれば、《カオス・ソーサラー》のようなフィニッシャークラスのモンスターを蘇生することも難しくはない。

そこでわたしは「手札の減らない魔法」に目を付けた。
それがこのデッキで言う
《テラ・フォーミング》《ワンダー・ワンド》である。
前者の意味から説明しよう。
《テラ・フォーミング》はフィールド「魔法」カードをサーチするカードである。
これだけで「《マジカル・コンダクター》と相性抜群だ!」と気づけたあなた。
さすがに鋭い。
《テラ・フォーミング》を発動後、手札に加わったフィールド魔法を発動すれば、手札1枚で《マジカル・コンダクター》に一挙に魔力カウンターを4個乗せることが可能になるわけだ。
そしてサーチ先の魔法カードには《ブラック・ガーデン》を選択した。
構造上、デッキのモンスターに攻撃力が800の倍数となるモンスターが多かったため(とはいえ、多少意識して構築した)でもあり、展開補助として優秀なカードと認めることも勿論できるわけである。
対象モンスターは以下の通りである。

攻撃力800:《シンクロ・フュージョニスト》《召喚僧サモンプリースト》《ヴァイロン・キューブ》《氷結界の風水師》
攻撃力1600:《ジェネクス・ブラスト》

《ワンダー・ワンド》は語るに及ばず。
魔法使い族を特殊召喚する機会の多いこのデッキでは、打点アップや手札増強カードとして大いに活躍するだろう。
《マジカル・コンダクター》が横に居たならば、カウンターを2個貯めた上で手札交換を行えるので、非常に効率が良い。
《簡易融合》+《ワンダー・ワンド》で擬似的な手札交換になる上に、消費なしでカウンターが4個溜まるので非常に効率が良い。


しかし、それには飽き足らず。
ある程度、魔法カードをサーチできるようにした。
《ヴァイロン・キューブ》《シンクロ・フュージョニスト》によって。
両者共にシンクロ召喚の素材となった時に魔法カードをサーチできる。
このデッキでは、前者は《ワンダー・ワンド》を。
後者は《簡易融合》《ミラクルシンクロフュージョン》を。
共に協力な魔法カードをサーチできる。
ちなみに両者、前述したとおり《ブラック・ガーデン》で蘇生できる。
なのでシンクロ召喚の素材とすることはさほど難しいことではないだろう。
この両者で《マジカル・アンドロイド》をシンクロ召喚した場合、両者の効果を発動できるので非常に強力である。
投入枚数の関係上、狙ってできるものではないだろうが、揃えばやる価値はそれなりにあるだろう。

というわけで、このデッキはそれなりに手札アドを保持できるように設計されている。
魔法カードを連発することも可能であり、《マジカル・コンダクター》と《ブラック・ガーデン》の力により、一挙に魔法使い族モンスターを展開することも可能である。
主にシンクロ召喚で戦えるように設計されており、《アーカナイト・マジシャン》や《マジックテンペスター》で戦えれば《ミラクルシンクロフュージョン》もあり、無駄がないだろう。
特に《マジックテンペスター》は溜まりに溜まった《マジカル・コンダクター》のカウンターをバーンに変換し、引導火力とすることも出来る。
しかし、強制的に全フィールド上の魔力カウンターをバーンに変換してしまうため、バーン効果を使うのはなるべく「詰め」の時にするとよいだろう。


……みたいに、がんばって説明してみました。
どうでしたか?
面倒くさかった?それとも、よくわかりました?
実は最初は、《成金ゴブリン》とか入ってたんですけど、詰め込み詰め込みしたいがために抜けていきました。
《マジカル・コンダクター》さんには彼も相性が良いんですよ。
そして実は《強欲で謙虚な壺》も相性が良いです。
この人たち使っても、手札は減りませんからね。
でもそのターンは特殊召喚できないのでそこはちょっと相性悪いかなぁ。
攻撃力1700しかなくってひ弱なので、やっぱりなるべく、魔力カウンターを乗っけたターンに展開したいですね。
あと、幅を出すという意味なら《フレムベル・マジカル》なんか入れてみてもいいかもです。
ほら、《召喚僧サモンプリースト》居ますしね。
彼で《マジカル・コンダクター》をもってくるのは勿論、《終末の騎士》もってきて《シンクロ・フュージョニスト》や《ナイトエンド・ソーサラー》落としつつ、チェインTUEEEEEE!したり、《ジェネクス・ブラスト》呼びから《A・ジェネクス・バードマン》サーチで、《召喚僧サモンプリースト》戻しの、《アーカナイト・マジシャン》様出すのも素敵ですよ♪
改修案としては、こんな感じかなぁ。
《シンクロ・フュージョニスト》入れるなら《ジャンク・シンクロン》入れたいなぁってちょっと思ったんですけど、そこらへんは1枚だけアクセントとして入れてみることで折り合いをつけてみました。
このテのデッキはいろいろ思い浮かんで楽しいですね。
それを形にするのには、やっぱりちょっと疲れちゃいますけどね。
何せ、コンセプトを絞ってなくなく良いと思ってたパーツを削らなきゃいけなくなりますから……w
正直それでもけっこうこのデッキ、適当に作った……(爆)

ご意見ご感想ご要望などありましたら、この記事・デッキに限らずぜひぜひくださいませー。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://itsmyshortage.blog98.fc2.com/tb.php/85-068ce1c4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

くうねる

Author:くうねる
デュエル動画「ぽれぽれデュエルタイム!」投稿者。

↓最新動画↓


TweetsWind

Pixiv
Twitter

最新トラックバック

カウンター

RSS

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。