Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://itsmyshortage.blog98.fc2.com/tb.php/63-24446d0b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

機動戦士Zガンダムを観て。前編。

Zガンダム観ましたねー。

まあ自由に思ったことを書いてゆく場にしたいので
脈絡がないのはお許しをw

カミーユはね、最初あんまり好きじゃなかったなー。
最初、Mk-?を強奪した場面あるじゃないですか。
カミーユが感情に身を任せた結果、MPに捕まっちゃうんだけど、ジェリドさんが事故ったどさくさに紛れて逃げちゃう。
そしてしかも、自分を殴ったMPに仕返しするためにMk-?を奪って、そのまま成り行きでエゥーゴに加担してしまう。
感情ばかりに身を任せて動いてたって感じですね。
そんなカミーユを見てて、「こいつはだめだなぁ」って思っちゃった。

「ガンダムF91」で、ザビーネ・シャルが言っていた
「感情を制御できない人類は、ゴミだと教えたはずだがな」というセリフには思うところがあったわたしです。
彼らのクロスボーン・バンガードが掲げる貴族主義を良いものと思っているわけではないのですが、感情だけでものを考えて行動すると時に愚かしく見えてしまうのは確かだな、と思います。

だからカミーユが「大人の都合」とか「大人の理屈」とか言って反発してるうちは、自分の考えとは違っても、それを殺して義務なり、命令なりを遂行しなきゃいけない、やむなく、流れに身を任せなきゃいけないということがわからないから、甘いんだよな、って思いました。

でも地球に降下して、ハヤトの率いるカラバで活動して、アムロとカツに出会い、色々なものを見ていってニュータイプ能力が強くなってゆくにしたがって、成長していって角が取れてったあたりから、彼を主人公として認めてるわたしもいました。
初代のアムロもそうでしたが、Zもまたカミーユの成長物語でもあったのだな、と思いました。

カミーユが成長するにしたがって、カツが、後半部分における「前半のカミーユ的存在」であったと思います。
カツは度々、私情から暴走してしまったり、政治的な理由を受け入れられずに、アクシズのハマーンと手を結ぶことに反発してシロッコとハマーンを一人で殺しにいっちゃったりします。
暴走です。
わたしは、このやろう、と思いました。
その、「このやろう」は、前半における未熟なカミーユに対するものと似通ったものがあると気づきました。
カミーユが大人になってゆくにしたがって、「子供的視点」を持つ人がいなくなります。
カツが暴走して一人で行ってしまった時、カミーユが静止するために出ます。
艦長のブライトさんが「おい、止めろ」って言うわけですが、エマさんが
「カミーユに任せましょう」
って言うんです。カミーユのほっぺた平手で叩きまくってたエマさんが、カミーユを大人と認めてカツを止められると信じて任せたんですね。
この場面が、「子供的視点」を持ってる人が既にカミーユではなく、カツであると示していますね。

Zを観てってる思春期の若い子がカミーユと感情を共有しつつ成長していって、その成長したカミーユを通して、感情に任せて行動するカツ(=前半のカミーユ)を見て、「こいつ、勝手だなーw」とか思わせることによって、富野監督はZを見る若い子を成長させようとしてるのかな?
と変に勘ぐるまでありましたねw


わからないから、嫌いです。
レコア・ロンド。
女の幸せって一体なんなの?アーガマから離れて、裏切って、シロッコに擦り寄ることが彼女の言う「女の幸せ」なのか。全く理解できない。わたしにしてみれば、「感情を制御できないクズ(クズとは言わないけどさ……)」にしか見えなかった。女がどうとか言う個人の感情に任せて、やってはいけない裏切りをやった。
で、敵味方に分かれて戦うわけだけど、カミーユは殺さない。
歯がゆいですね。
エマさんは「殺しておくべきだったのよ!」って言ったけれど、マジで賛成でしたw

でも、実際女性にとっては男性よりも感情豊かで、感情を大事にしてるんだと思うんです。
フェミニストに怒られるの覚悟で言うと、男の方が表舞台に立つことが多い分、女性よりも感情を殺さざるを得ないと思うんですよね。その分、女性は感情豊かで、男には到底感じられないものを感じてしまう。

余談ですが、カミーユ、最初にジェリドさんに「女の名前」と言われて激昂して殴りに行ってますよね?
感情的に行動してしまうのって、女性的だということは先ほどに述べました。
つまりは、序盤のカミーユは感情に任せて行動する面で女性的であり、そこから男として成長し、男性的思考への転換・成長を暗示する意味でも、富野さんはカミーユに、「カミーユ」という名前を「女性的である」というコンプレックを抱かせ、ジェリドさんに「女の名前」と言わせたのかな?と思ったりなんかしちゃいます。

また「F91」になってしまいますが、アンナマリーさんは、セシリーに劣等感(=私情=女性的思考)を抱いて裏切りました。それに対して、ザビーネは「感情を制御できない人類はゴミだと教えたはずだ」といっています。
富野さんは女性的な感情処理について何か思うところがあるのでしょうか。
シロッコも「これからの時代を作るのは女性だ」と言っていました。
もし、富野監督に質問できるとしたらここらへん、してみたいですね。


わたしは男性ですからわかりません。
でもレコアさんは女性的で、感情が豊かなせいでアーガマの中で満たされないものがあったのだな、ということはわかります。
わたしからしてみればレコアさんのこと、わかんないです。
ただの裏切り者としてしか見えないくうねるは、良くも悪くも男性ってことですかね。

分かる人いたら、ぜひ教えてください。

後編へ続く!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://itsmyshortage.blog98.fc2.com/tb.php/63-24446d0b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

くうねる

Author:くうねる
デュエル動画「ぽれぽれデュエルタイム!」投稿者。

↓最新動画↓


TweetsWind

Pixiv
Twitter

最新トラックバック

カウンター

RSS

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。