Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://itsmyshortage.blog98.fc2.com/tb.php/216-38f5932f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【デッキ紹介】武神エクシーズで墓地肥やし!真炎の爆発もあるよ!【爆発ヒルコ】

【爆発ヒルコ】

GW-00419.jpg

モンスター*25
《ドラコニアの獣竜騎兵》*3
《武神-ヒルコ》*3

《ライトロード・ビースト ウォルフ》*2
《熱血獣士ウルフバーク》*3
《暗炎星-ユウシ》
《Emトリック・クラウン》
《BF-精鋭のゼピュロス》
《Emダメージ・ジャグラー》
《H・C サウザンド・ブレード》
《ライトロード・アーチャー フェリス》*3
《Emハットトリッカー》*2
《レスキューラビット》*3


魔法*15
《予想GUY》*3
《苦渋の決断》*2
《ハーピィの羽根帚》
《真炎の爆発》*3
《おろかな埋葬》
《炎舞-「天枢」》*2
《炎舞-「天キ」》*3


罠*2
《ブレイクスルー・スキル》*2


エクストラ*15
《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》
《星輝士 セイクリッド・ダイヤ》
《セイクリッド・プレアデス》
《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》
《武神姫-アマテラス》*2
《武神帝-カグツチ》*2
《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》
《魁炎星王-ソウコ》
《鳥銃士カステル》
《励輝士 ヴェルズビュート》
《武神帝-ツクヨミ》
《ラヴァルバル・チェイン》

《武神-ヒルコ》を使うデッキを作りました。彼はその効果で武神エクシーズを別の武神エクシーズに変換できます。
今まで素材が3つ必要ということでほかのランク4に遅れをとっていた《武神姫-アマテラス》なども、《武神-ヒルコ》の登場でかなり強くなったのではないでしょうか。

《武神-ヒルコ》を使うためには武神エクシーズを出さねばなりません。比較的出しやすい《武神帝-ツクヨミ》や《武神帝-カグツチ》を軸に他のエクシーズに変換することになるでしょう。今回はデッキを獣戦士に寄せて、《武神帝-カグツチ》から《武神姫-アマテラス》に繋げるデッキにしました。

その際に注目したのが《ドラコニアの獣竜騎兵》。
スケール2で通常モンスターが戦闘破壊を行った場合レベル4以下の通常モンスターをサーチするP効果を持ちます。

しかし今回注目したのは、そこではなくステータス。なんと《真炎の爆発》に対応する炎属性の守備200。さらに《熱血獣士ウルフバーク》の吊り上げ対象である炎属性・獣戦士族・レベル4。さらに通常モンスターのため《苦渋の決断》でサーチ可能であったり。《レスキューラビット》で2体並べることが出来ることから、場にたくさん揃えやすい獣戦士族として採用しています。

基本的にはランク4エクシーズを展開し、制圧していきます。

《予想GUY》と《レスキューラビット》、《真炎の爆発》があれば、《予想GUY》と《レスキューラビット》で《ドラコニアの獣竜騎兵》を3体展開、素材3の《星守の騎士 プトレマイオス》から《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》経由で《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》、墓地に行った3体の《ドラコニアの獣竜騎兵》を蘇生して《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》をエクシーズ召喚。

この動きに限らず、通常モンスター展開サポートや、《武神帝-カグツチ》の墓地肥やしなどで《ドラコニアの獣竜騎兵》が全て落ちていれば1枚から《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》や《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》という制圧力の高いエクシーズを2体並べることができます。

とはいえ基本は《武神帝-カグツチ》から《武神-ヒルコ》の効果で《武神姫-アマテラス》に変換して、《武神帝-カグツチ》で墓地アドバンテージを稼ぎつつ《武神姫-アマテラス》の特殊召喚効果を使うデッキになっています。

採用するカードは墓地に送られたら特殊召喚できるレベル4モンスターが中心です。《ライトロード・ビースト ウォルフ》《ライトロード・アーチャー フェリス》は《武神帝-カグツチ》の効果で墓地に送られたら特殊召喚できるレベル4で、光属性・獣戦士というステータスを持っています。これら2体が並べば《武神帝-ツクヨミ》《武神帝-カグツチ》と、2体の武神エクシーズにアクセスすることが可能です。

また《ライトロード・ビースト ウォルフ》は攻撃力2100と高い数値を誇っているので組み合わせるカードがなくてエクシーズに行けなくとも戦闘に参加することで役割を果たせます。《ライトロード・アーチャー フェリス》は除去を補いつつ更なる墓地肥やしが可能になります。

《BF-精鋭のゼピュロス》は《炎舞-「天キ」》を再利用しつつ特殊召喚でき、同じく採用している《H・C サウザンド・ブレード》の蘇生条件も満たせます。

同じく《H・C サウザンド・ブレード》と相性の良いEm周りも採用しています。特に《Emダメージ・ジャグラー》は《武神姫-アマテラス》の効果で除外されてから特殊召喚すると大きなアドンバンテージになります。。
複数枚採用しても良いと思ったのですが、Emの採用枚数から1枚の採用にとどめています。

《苦渋の決断》と《レスキューラビット》はあまり相性が良くないとは思いますが、《真炎の爆発》を引いている場合、特殊召喚できる頭数を揃えたい場面では《苦渋の決断》で《ドラコニアの獣竜騎兵》をサーチしつつ墓地に送ることもあります。その場合《レスキューラビット》が腐ることもありますがそこは割り切っています。が、基本《苦渋の決断》は《武神-ヒルコ》をサーチするのに使う方が多いかな、と思います。

《ブリリアント・フュージョン》で《ジェムナイト・ラズリー》と《武神-ヒルコ》を落として《ジェムナイト・セラフィ》をだし、《武神-ヒルコ》を回収する流れも採用しようとしましたが今回は見送りました。《ジェムナイト・セラフィ》の通常召喚権を増やす能力は強力なのですが、レベル5でエクシーズに行けないために、場が埋まってしまうため、レベル1というステータス上引いても扱いにくい《ジェムナイト・ラズリー》を投入したくないと思ったため、そして、そこまでして《ブリリアント・フュージョン》のために1枠エクストラ枠を空けることはできないと思ったためです。

《武神-ヒルコ》のサーチを厚くするだけなら《予想GUY》や《炎舞-「天キ」》で十分だと思います。

と、説明としてはこんな感じでしょうか。
まだあまり回せていませんが、《武神-ヒルコ》を使うと思って組んだらこうなった!という感じですね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://itsmyshortage.blog98.fc2.com/tb.php/216-38f5932f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

くうねる

Author:くうねる
デュエル動画「ぽれぽれデュエルタイム!」投稿者。

↓最新動画↓


TweetsWind

Pixiv
Twitter

最新トラックバック

カウンター

RSS

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。