Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://itsmyshortage.blog98.fc2.com/tb.php/201-64fcde3f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【デッキ】【アーカナイト・フュージョニスト】Ver.2015.1~

前回の旧制限ヴァージョン公開から1ヶ月以上の時を経て、魔改造を施したアノデッキが帰ってきました。
【アーカナイト・フュージョニスト】(名前がコロコロ変わっている気がします。

GW-00336.jpg

メイン*40

モンスター*20
《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》
《ダーク・アームド・ドラゴン》
《シャドール・ドラゴン》
《終末の騎士》
《ライトロード・アーチャー フェリス》
《マスマティシャン》*3
《ジャンク・シンクロン》*3
《TG ワーウルフ》*2
《シンクロ・フュージョニスト》*2
《TG ストライカー》*2
《ジェット・シンクロン》
《エフェクト・ヴェーラー》*2


魔法*18
《簡易融合》
《ハーピィの羽根帚》
《増援》
《ミラクルシンクロフュージョン》*2
《ブラック・ホール》
《おろかな埋葬》
《死者蘇生》
《調律》*3
《強欲で謙虚な壺》
《サイクロン》*2
《月の書》
《超融合》
《再融合》*2


罠*2
《ブレイクスルー・スキル》*2


エクストラ*15
《覇魔導士アーカナイト・マジシャン》*2
《エルシャドール・ミドラーシュ》
《旧神ノーデン》

《氷結界の龍 トリシューラ》
《スクラップ・ドラゴン》
《月華竜 ブラック・ローズ》
《ブラック・ローズ・ドラゴン》
《アーカナイト・マジシャン》
《マジックテンペスター》
《TG ハイパー・ライブラリアン》
《幻層の守護者アルマデス》
《TG ワンダー・マジシャン》
《アクセル・シンクロン》
《波動竜フォノン・ドラゴン》


サイド*15
《ファイヤー・ハンド》*2
《アイス・ハンド》*2

《V・HERO アドレイション》(画像より変更、妖精の風と差し替え)
《サイクロン》
《ツイスター》*2

《激流葬》*2
《妖精の風》
《強制脱出装置》*2
《ダイヤモンド・ダスト》*2


今回はなんと、ささやかながら、サイドも作ってみました。
あまり何かを意識したわけではなく「ハンド入れて、永続系割れるのたくさん入れて、申しわけ程度にネクロスもメタっとこ」みたいなユルい感じで組んでいます。ので、正直ガバガバです。

さて。
今回はメインからエクストラから何から何まで手を入れました。
冒頭に前回ヴァージョンの記事へのリンクを設置したので、そちらと見比べて頂けるとわかると思うのですが。
《アンノウン・シンクロン》を《ジェット・シンクロン》にしたのが大きな変更点です。
それにともない《アクセル・シンクロン》が新たに投入されています。

《ジェット・シンクロン》が強い。
このデッキの要となる《ジャンク・シンクロン》は、《増援》《調律》と、サーチ手段はかなり豊富でしたが、更に有力なサーチ方法が増えたといった感じです。
チューナーかつ、強力な自己再生効果を備えているだけでもかなりの強さなのですが、《アクセル・シンクロン》の効果によって《ジェット・シンクロン》をデッキから直接墓地に送ることができます。

更にこの《アクセル・シンクロン》、このデッキの核となる《ジャンク・シンクロン》+《シンクロ・フュージョニスト》の組み合わせで出すことができるのです。
更にこの組み合わせで出せる初のシンクロ・チューナーモンスターでもあり、このデッキに新たな可能性をもたらしてくれました。
《ジャンク・シンクロン》+《シンクロ・フュージョニスト》の組み合わせでチューナーを残しつつ、《簡易融合》サーチ&発動から《旧神ノーデン》で色々と動くことができます。

さらに《超融合》が強い。
意外と自前でシンクロやエクシーズを2体用意してくれるデッキも多いですし、相手が【シャドール】ならば相手モンスターだけで《エルシャドール・ミドラーシュ》を出したり、自分の《TG ハイパー・ライブラリアン》《アーカナイト・マジシャン》と相手のシャドールモンスターで《覇魔導士アーカナイト・マジシャン》を融合するなどして展開を妨害することも可能です。
サイドに《V・HERO アドレイション》を仕込んでいるのも、対【HERO】を意識してのことです。

もちろん《超融合》は《シンクロ・フュージョニスト》でサーチできます。本来は制限カードですが、同じく制限カードの《簡易融合》と一緒に、場面に合わせてフレキシブルにサーチすることができます。

相手がまごついていたら《マスマティシャン》+《TG ハイパー・ライブラリアン》で直接攻撃した後、《超融合》で《覇魔導士アーカナイト・マジシャン》をバトルフェイズ中に融合召喚して追撃すると、計8300ダメージと、ワンターンキル圏内なのも気に入っています。

細かい変更点としては《ブラック・ホール》《強欲で謙虚な壺》を入れ、《シンクロキャンセル》を抜きました。
《シンクロキャンセル》は強力なのですが多少オーバーパワー気味になってしまうのと、初動で引くとツライので、0枚にしました。代わりに汎用力の高いカードを入れています。《強欲で謙虚な壺》は初動の安定度を少しでも高めたい、と思って1枚だけ入れました。

エクストラデッキは思い切って、長らく入れてきた《No.61 ヴォルカザウルス》《迅雷の騎士ガイアドラグーン》を抜きました。《旧神ノーデン》の登場もあり、シンクロモンスターだけで攻めていったほうがアドバンテージも取れるし攻撃力も高く、入っていても彼らを使わない、ということが多くなってきたからです。

かわりに《波動竜フォノン・ドラゴン》と《アクセル・シンクロン》を入れました。
《TG ストライカー》と《シンクロ・フュージョニスト》の組み合わせでシンクロしたいと思うことが多々あったのので、《波動竜フォノン・ドラゴン》はずっと入れてみたいな、と思っていました。

《TG ストライカー》と《シンクロ・フュージョニスト》で《波動竜フォノン・ドラゴン》を出しつつ《超融合》をサーチし、《侵略の汎発感染》をかいくぐり、このデッキの苦手とする《ヴェルズ・オピオン》を突破するなどの、活躍を見せています。

割りといい感じに強化できていると思います。
環境レベルのデッキとはまだあまり当たっていませんが、環境一歩手前のデッキや、中堅デッキに対しては互角以上に戦えるのではと感じています。
組み替えたばかりで、サイドもうまく組めていないのでまだまだ不安要素が多いですが、もっともっと、デッキの完成度を高めていければ、と思います。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://itsmyshortage.blog98.fc2.com/tb.php/201-64fcde3f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

くうねる

Author:くうねる
デュエル動画「ぽれぽれデュエルタイム!」投稿者。

↓最新動画↓


TweetsWind

Pixiv
Twitter

最新トラックバック

カウンター

RSS

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。