Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://itsmyshortage.blog98.fc2.com/tb.php/196-8fc7be06

トラックバック

コメント

[C103]

概ね共感できます。羽根箒復活は完全に予想外でした。

一応、攻撃の手段としてより防御の手段として必要とみなされたのかなって思いました。虚無空間やスキドレなどの強力罠を残すから、破壊も強化するねって感じで。

去年までと比べるとルール改訂やエラッタなど、KONAMIは頑張っている印象です。このままいい方に向かってくれたら嬉しいのですが。今後に期待ですね。

いきなり長文失礼しました。

[C104] コメントありがとうございます。

コメントありがとうございます。

《スキルドレイン》《虚無空間》に関しては規制もやむなしか、と思っていたのでしたがノータッチでしたね。確かに破壊を強化するという考え方もできますが、「《スキルドレイン》などの置物を残したまま魔法罠全体除去を撃てる」という考え方も出来るので、置物系の弱体化とは言い難いというのが実情のようです。

こういうパワーカードの規制については扱いが難しいと思うので、KONAMIさんにはうまくバランス調整してくれるところに期待したいですね。

《現世と冥界の逆転》や《王家の神殿》などは、往年の禁止カードですが、エラッタされたことにより使い方を考える楽しみが出来たと思いますので、僕としてはここは評価したいポイントですね。

あとは利益を鑑みてばら撒きにならない程度にユーザーにいきわたるような工夫をしてくれれば……といったところでしょうか。

時代やプレイ環境が違えば求められるものも違うと思うので、KONAMIさんにいいものは残し、変えるべきところは変える。そういった柔軟な戦略をお願いしたいところですね。 

なんだか長くなってしまいましたが、重ねてコメントありがとうございました。
  • 2014-12-17 00:29
  • くうねる
  • URL
  • 編集

[C105]

言ってること的外れだしバカじゃねーの?wPを売りたいのに大嵐噛み合わねーからだろwwwwwww後こんなつまんない長文書いてる暇あったら安い羽箒買いに行けよクソ野郎

[C106] コメントありがとうございます

読んで頂きありがとうございます。
しがないデュエリストの一愚考と受け止めて頂ければ幸いです。

確かに、Pモンスターを推したいというのも、クリフォートが規制を免れているところからも窺い知れますよね。

《ハーピィの羽根帚》については1つだけどうしても日本語で揃えたいデッキがあるのでそれはどうにかして日本語版を手に入れるとして、後は再録しだいですが安価なバトルパックのものをシングル購入したり、引退した友人から引き取る予定です。

コメントありがとうございました。
  • 2014-12-17 00:46
  • くうねる
  • URL
  • 編集

[C107]

はじめましてクロロフィルです。
記憶の断片には、シク2パラレル2ノーマル3枚入ってます
従来のスーとは違い、少しだけ入手しやすくなってます(たぶん)
しかしながら雑誌フラゲ画像見る限りシクっぽいので、おそらく、くうねるさんの言う通り難民が発生する可能性は高いような気がします
一応どちらのパックにも入ってるのが救いなのか、良心なのかはわかりません泣
  • 2014-12-17 01:33
  • クロロフィル
  • URL
  • 編集

[C108]

クロロフィルさん、はじめまして、当ブログ管理人のくうねるです。コメントありがとうございます。

1パックにつきシク2パラレル2ノーマル3枚入っているということですね。サイトを確認したところホロ一種、シク20種、ノーマル39種で、通常レギュレーションのレアリティ設定とは異なるみたいですね。 

普通よりはけっこう出易そうですが、1箱買っても出なかったとかは普通にありそうで怖いですよね。

僕も画像を確認してみました。確かにシクっぽそうですね。どうなるかはわかりませんがなるべく手に入りやすいようにしてくれることを祈るばかりです……!
  • 2014-12-17 01:43
  • くうねる
  • URL
  • 編集

[C109]

ほんこれ流石に露骨すぎる。
ホントこれを機に遊戯王一回コンテンツとして終わんないかなと思うレベル。
でどうせ4月くらいには羽箒制限とかになってそう。
  • 2014-12-17 09:56
  • タニ
  • URL
  • 編集

[C110]

ホント羽箒は意外でしたね
でも、たまにはこういう改訂もありかなとも思っています
最近はマイルドな改訂が続いていたし、KONAMIもある意味で波風たてたいのかなと
逆にどう環境が変わるか楽しみですね
  • 2014-12-17 10:46
  • クロマ
  • URL
  • 編集

[C111]

>>109
4月くらいには羽箒制限とかになってそう。

来月から制限カードですけど・・・
  • 2014-12-17 11:15
  • 通りすがり
  • URL
  • 編集

[C112]

タニさん、はじめまして、コメントありがとうございます。
今までも市場を流動化させるために制限改訂が使われていたことはわかっていたのですが、さすがに今回は露骨過ぎですよね。

僕は遊戯王が好きなので、終わってほしいとまではいかないですが、ユーザーが離れないような、長く続いてくれるような戦略をとってほしいというのが切なる願いです。

通りすがりさんもおっしゃられているように、今度の制限改訂から《ハーピィの羽根帚》は制限ですが、一度禁止から制限にしたカードを容易に禁止・緩和してしまうことは避けてもらいたいと僕も考えています。
  • 2014-12-17 14:12
  • くうねる
  • URL
  • 編集

[C113]

クロマさん、はじめまして、コメントありがとうございます。

僕も《ハーピィの羽根帚》が緩和され《大嵐》が規制されたこと以外は概ね納得できる、いい改訂だと思っています。

KONAMIさんの意図が見え隠れする改訂ではありますが、禁止カードをエラッタして緩和するなどの試みは挑戦的で、評価できるところだと思います。

ルールなども見直していっているようですし、プレイしやすい環境整備は今後も継続して行なってくれるとありがたいですね!
  • 2014-12-17 14:17
  • くうねる
  • URL
  • 編集

[C114]

大嵐では現環境では弱く、羽箒+大嵐or大嵐二枚では強すぎるという判断での裁定なのではないかと
効果は変わっていても昔使っていた思い入れのあるカードをまた使えるようになるのは嬉しいと思うところもありますし
この環境で遊戯王がどれだけ荒れるかも自分は少し楽しみです

[C115]

遊戯王に人生捧げてるやつは何も疑問に思わない改訂

KONAMI is GOD

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

なぜ大嵐は規制され、ハーピィの羽根帚は緩和されたのか―制限改訂から今後の遊戯王を読む

こんばんは、くうねるです。記事が一度消えて心が折れかけですが頑張っていきたいと思います。
さて、皆さんはもう制限改訂リストはご覧になられたでしょうか。

《破壊輪》《混沌帝龍 -終焉の使者-》など、往年の禁止カードがエラッタされた上で緩和されています。
その他の現役テーマカードらも緩和もしくは規制され、遊戯王ユーザーの皆様は悲喜こもごもといたっところでしょうか。

私は今迄わりとどんな改訂でも(あまり環境に関わることがないこともあり)受け入れてきたほうだと思います。
しかし、今回ばかりは納得いかないところが1つ。

なぜ《ハーピィの羽根帚》を緩和したのに、その下位互換の《大嵐》が規制されるのか。

私情を差し挟ませていただくと、私、《ハーピィの羽根帚》が活躍していた時期に遊戯王をプレイしていたことがなく、1枚も持っていません。逆に、《大嵐》は遊戯王を初めてからいままで概ね制限カードの位置にいたため、デッキの枚数+αで所持しています。

持っていたカードが使えなくなたっということは、何度も経験しているので、それはいいのです。普通の改訂ならば。
しかし禁止になったカードの横でその上位互換カードが緩和されているとなれば話は別。

しかも、《ハーピィの羽根帚》は手に入りにくい!現時点では絶版カードな上に、改訂発表後の需要で価値が高騰しています。一応「決闘者の栄光」シリーズで再録が決定しているものの、なにぶん、必須カードでどのデッキにも入っているカードだった《大嵐》がそのまま《ハーピィの羽根帚》に置き換わるので、持っているデッキの数だけ《ハーピィの羽根帚》を求める決闘者が後を絶たないはず。品薄状態は続くと思われます。

私も複数デッキを所持しているので、どうしたものかと頭を抱えているところです。
「何故……」といいたくなる気持ちも皆さんにご理解いただけると思いますし、私とおなじような感情を抱いている方も多いかと思います。

しかしここでKONAMさんに怨嗟の声を浴びせかけてもどうにもならないので、握りこぶしを一旦ほどいて、冷静に考えてみることにしました。どうしてこうなったのかと。

私は「遊戯王の販売成績は思うように伸びていない」のではないかという仮説を立てました。
そしてそれは最近「古い禁止カードがエラッタされて戻ってきている」ことにも関連があったのです。
なぜか。

考えてもみてください「古い禁止カード」というのは「ユーザーが所持している可能性が最も低い」カードです。
古くからのユーザーでも「これはもう戻ってこないな」と思って手放している人が多いですし、私のような古くからのユーザーではない場合は「プレイし始めた時は既に禁止だったから持っていない」人が多いでしょう。
そしてそのカードが「壊れ」であればあるほど、禁止期間も長くなり、戻ってこないと思われて手放されている可能性が高くなる。

そんなカードをエラッタした上で緩和するとどうなるか。
当然持っている人が少ないので大きな「需要」が生まれます。

そう、KONAMIさんは古くからの禁止カードが緩和されると大きな需要が生まれると目星をつけて、禁止カードを再録するという販売戦略を立てた上で、今回のような改訂を打ち立てたという仮説が立てられるわけです。
それを裏付けるように、既に《混沌帝龍 -終焉の使者-》のVJUMP再録が決定しています。

思えば《ダーク・ダイブ・ボンバー》がエラッタの後緩和された後、書籍再録された頃から、その兆候はありました。
今回から「エラッタ戦略」が本格化してきたというのが私の見立てであります。

この戦略自体は否定するものではありません。禁止カードが実質新たな形で生まれ変わり、デッキ構築の幅が広がるという点では、私達ユーザーとそういった戦略とはWin-Winの関係を築けるからです。

しかし《ハーピィの羽根帚》緩和は「やりすぎ、かつ、露骨すぎ」というのが私の考えです。
誰もが汎用カードとして運用している《大嵐》を禁止に追いやり、《ハーピィの羽根帚》を緩和の後、再録すれば、《ハーピィの羽根帚》を求めてユーザーが再録パックを購入し、高い利益を生む。それはわかります。

でもあまりに、ユーザー目線でなさ過ぎる。
《ハーピィの羽根帚》は現在絶版で容易には手に入らない上、改訂発表から再録パック発売(1月10日)まで空白期間もあります。これで《ハーピィの羽根帚》が手に入りにくいスーパーレアなら確実に「羽根帚難民」が大量発生です。

これだけでも辛いのに、禁止になった《大嵐》は《ハーピィの羽根帚》の下位互換。
KONAMIさんはユーザーを馬鹿にしていると取られても仕方ない、と私は思います。

もし《大嵐》を禁止にした上で《ハーピィの羽根帚》を緩和するなら《ハーピィの羽根帚》を最低でも《大嵐》の相互互換(発動したターンダメージ無効等)にエラッタしてからでないと正統性がない。

これでは《ハーピィの羽根帚》再録パックを売るためだけに《大嵐》を禁止化したようにしか見えません。こんなやり方でユーザーが納得できるか。
私はできません。やはりこれはやり過ぎだ、と思います。

いや、逆に言えばここまでしなければいけないほど、遊戯王の販売成績が落ち込んでいるのでしょうか。
だとしても、こんな形での《大嵐》禁止、《ハーピィの羽根帚》緩和は避けて欲しかったというのが正直な思いです。


「お前デッキの数だけ《ハーピィの羽根帚》買う金がないだけだろ」とおっしゃられるかもしれません。
確かにそうです。だからこの主張はあくまで私情。しかしこういう売り方をしてもなんとも思わない人だけを大事にしていたら、コンテンツとして廃れるばかりではないのか、という気持ちもあり、敢えて「私情」をここに書き連ねさせて頂いております。

私も遊戯王が好きなのですが、こういう風に苦言を呈するということはないので、複雑な気持ちです。
我々ユーザーとしては販売元であるKONAMさんに付いていくしかないし、付いていけなくなったら離れるしかない。
利益を求めるのは大前提ですが、ユーザーに見限られるほど露骨な方法を取るのはやめていただきたいと思います。

私としては今後も遊戯王を楽しんでいいきたいというのが切なる願いなので……。
いち、ユーザーごときが言うことではないかもしれませんが、その「今後」を大事にするためにも、殿様商売ではなく、ユーザーの目線も取り入れた販売戦略を練ってほしいと思います。

私の主張としては以上です。
「今後の遊戯王を読む」なんていいましたが大半がえらそーな苦言となってしまい、申し訳ない気持ちも半分です。
が、そんな記事でもここまで読んでくれてありがとうございます。
少しでも共感して頂けたら幸いです。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://itsmyshortage.blog98.fc2.com/tb.php/196-8fc7be06

トラックバック

コメント

[C103]

概ね共感できます。羽根箒復活は完全に予想外でした。

一応、攻撃の手段としてより防御の手段として必要とみなされたのかなって思いました。虚無空間やスキドレなどの強力罠を残すから、破壊も強化するねって感じで。

去年までと比べるとルール改訂やエラッタなど、KONAMIは頑張っている印象です。このままいい方に向かってくれたら嬉しいのですが。今後に期待ですね。

いきなり長文失礼しました。

[C104] コメントありがとうございます。

コメントありがとうございます。

《スキルドレイン》《虚無空間》に関しては規制もやむなしか、と思っていたのでしたがノータッチでしたね。確かに破壊を強化するという考え方もできますが、「《スキルドレイン》などの置物を残したまま魔法罠全体除去を撃てる」という考え方も出来るので、置物系の弱体化とは言い難いというのが実情のようです。

こういうパワーカードの規制については扱いが難しいと思うので、KONAMIさんにはうまくバランス調整してくれるところに期待したいですね。

《現世と冥界の逆転》や《王家の神殿》などは、往年の禁止カードですが、エラッタされたことにより使い方を考える楽しみが出来たと思いますので、僕としてはここは評価したいポイントですね。

あとは利益を鑑みてばら撒きにならない程度にユーザーにいきわたるような工夫をしてくれれば……といったところでしょうか。

時代やプレイ環境が違えば求められるものも違うと思うので、KONAMIさんにいいものは残し、変えるべきところは変える。そういった柔軟な戦略をお願いしたいところですね。 

なんだか長くなってしまいましたが、重ねてコメントありがとうございました。
  • 2014-12-17 00:29
  • くうねる
  • URL
  • 編集

[C105]

言ってること的外れだしバカじゃねーの?wPを売りたいのに大嵐噛み合わねーからだろwwwwwww後こんなつまんない長文書いてる暇あったら安い羽箒買いに行けよクソ野郎

[C106] コメントありがとうございます

読んで頂きありがとうございます。
しがないデュエリストの一愚考と受け止めて頂ければ幸いです。

確かに、Pモンスターを推したいというのも、クリフォートが規制を免れているところからも窺い知れますよね。

《ハーピィの羽根帚》については1つだけどうしても日本語で揃えたいデッキがあるのでそれはどうにかして日本語版を手に入れるとして、後は再録しだいですが安価なバトルパックのものをシングル購入したり、引退した友人から引き取る予定です。

コメントありがとうございました。
  • 2014-12-17 00:46
  • くうねる
  • URL
  • 編集

[C107]

はじめましてクロロフィルです。
記憶の断片には、シク2パラレル2ノーマル3枚入ってます
従来のスーとは違い、少しだけ入手しやすくなってます(たぶん)
しかしながら雑誌フラゲ画像見る限りシクっぽいので、おそらく、くうねるさんの言う通り難民が発生する可能性は高いような気がします
一応どちらのパックにも入ってるのが救いなのか、良心なのかはわかりません泣
  • 2014-12-17 01:33
  • クロロフィル
  • URL
  • 編集

[C108]

クロロフィルさん、はじめまして、当ブログ管理人のくうねるです。コメントありがとうございます。

1パックにつきシク2パラレル2ノーマル3枚入っているということですね。サイトを確認したところホロ一種、シク20種、ノーマル39種で、通常レギュレーションのレアリティ設定とは異なるみたいですね。 

普通よりはけっこう出易そうですが、1箱買っても出なかったとかは普通にありそうで怖いですよね。

僕も画像を確認してみました。確かにシクっぽそうですね。どうなるかはわかりませんがなるべく手に入りやすいようにしてくれることを祈るばかりです……!
  • 2014-12-17 01:43
  • くうねる
  • URL
  • 編集

[C109]

ほんこれ流石に露骨すぎる。
ホントこれを機に遊戯王一回コンテンツとして終わんないかなと思うレベル。
でどうせ4月くらいには羽箒制限とかになってそう。
  • 2014-12-17 09:56
  • タニ
  • URL
  • 編集

[C110]

ホント羽箒は意外でしたね
でも、たまにはこういう改訂もありかなとも思っています
最近はマイルドな改訂が続いていたし、KONAMIもある意味で波風たてたいのかなと
逆にどう環境が変わるか楽しみですね
  • 2014-12-17 10:46
  • クロマ
  • URL
  • 編集

[C111]

>>109
4月くらいには羽箒制限とかになってそう。

来月から制限カードですけど・・・
  • 2014-12-17 11:15
  • 通りすがり
  • URL
  • 編集

[C112]

タニさん、はじめまして、コメントありがとうございます。
今までも市場を流動化させるために制限改訂が使われていたことはわかっていたのですが、さすがに今回は露骨過ぎですよね。

僕は遊戯王が好きなので、終わってほしいとまではいかないですが、ユーザーが離れないような、長く続いてくれるような戦略をとってほしいというのが切なる願いです。

通りすがりさんもおっしゃられているように、今度の制限改訂から《ハーピィの羽根帚》は制限ですが、一度禁止から制限にしたカードを容易に禁止・緩和してしまうことは避けてもらいたいと僕も考えています。
  • 2014-12-17 14:12
  • くうねる
  • URL
  • 編集

[C113]

クロマさん、はじめまして、コメントありがとうございます。

僕も《ハーピィの羽根帚》が緩和され《大嵐》が規制されたこと以外は概ね納得できる、いい改訂だと思っています。

KONAMIさんの意図が見え隠れする改訂ではありますが、禁止カードをエラッタして緩和するなどの試みは挑戦的で、評価できるところだと思います。

ルールなども見直していっているようですし、プレイしやすい環境整備は今後も継続して行なってくれるとありがたいですね!
  • 2014-12-17 14:17
  • くうねる
  • URL
  • 編集

[C114]

大嵐では現環境では弱く、羽箒+大嵐or大嵐二枚では強すぎるという判断での裁定なのではないかと
効果は変わっていても昔使っていた思い入れのあるカードをまた使えるようになるのは嬉しいと思うところもありますし
この環境で遊戯王がどれだけ荒れるかも自分は少し楽しみです

[C115]

遊戯王に人生捧げてるやつは何も疑問に思わない改訂

KONAMI is GOD

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

くうねる

Author:くうねる
デュエル動画「ぽれぽれデュエルタイム!」投稿者。

↓最新動画↓


TweetsWind

Pixiv
Twitter

最新トラックバック

カウンター

RSS

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。