Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://itsmyshortage.blog98.fc2.com/tb.php/173-21024bc0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【遊戯王】デュエル動画のススメ ~「1回目」これからデュエル動画を始めるキミへ<ひよこさんコース>~【連載】

こんにちは。また更新です。
やる気とネタがある時は連続して更新できるのですが、どちらかがないとまるで更新できないのは悲しいのですが、いつやる気が湧き上がるかわからないので、今更新することにしました。
さて。今回はデュエル動画の話です。

僕もニコニコ動画でデュエル動画「ぽれぽれデュエルタイム!」をアップロードしている身です。
一応動画暦は、過去に参加していた動画を含め3年近くになると思います。
最近デュエル動画をはじめる人が爆発的に増えていることもあり今までの経験と、デュエル動画業界分析を生かして「これからデュエル動画を始めるにはどうしたらいいか」「伸びるデュエル動画を上げるにはどうしたらいいか」を僕なりに記していきたいと思います。
最初に断っておきますと、僕は「闇のゲーム系」デュエル動画のほうには疎いので「闇のゲーム」動画を含めずに話を進めている場合があります。ご了承ください。

これから何回やるかはわかりませんが
第1回目「これからデュエル動画をはじめるキミへ」

……ということで、デュエル動画を3年足らずやって、多少は経験があると自惚れている私が「これからデュエル動画をはじめたい!」「最近デュエル動画をはじめたばかりだ!」という方へアドバイスしてゆく回になります。
既に動画をはじめてけっこう経つ方へは「なんだこんなことか!」と思うことが多いとは思いますが、経験者の僕にとっても備忘録的なものとして、記事として残せればいいなと思ったので、それでも付き合って頂ければ幸いです。

●デュエル動画は「斜陽産業」だ!
まず断っておきたいのですがデュエル動画は「斜陽産業」です。デュエル動画全盛期に比べるとデュエル動画の数は圧倒的に増えたものの、デュエル動画を再生している人数は減っていると思います。僕が「業界最大手」だと思っている「ミソのデュエルのミソ」様の再生数が200回台の最初までは2万再生~3万再生、たまに4万再生だったのですが、最近では再生数1万台が見られるようになり、最高でも3万台半ばになっています。これは投稿ペースが以前に比べ落ちている以上仕方ないことだと思うのですが、そのぶんどこかの再生数が大幅に伸びているという話はあまり聞きません。
それに加えて手ごろにデッキの動きを紹介できる「遊戯王ADS動画」が流行のきざしを見せており、手軽に見られるそちらに人が流れているというのもあると思います。

そして逆に言えば業界最大手でも2~3万再生くらいなのです。
それに匹敵する伸びを見せているのは「城下町デュエル」様ぐらいなもので、その他のデュエル動画で伸びているものとなるとあまりなく、1000再生あれば伸びている、と言えるほどの「惨状」であると言えます。
デュエル動画を見ている人のうち、「ミソ」と「城下町」のほかはデュエル動画を見ていない、という人がかなり多いと思います。
ですので、単に「動画をあげて再生数を稼いで有名になりたい!」と思っているだけならば、他のジャンルでの動画投稿を強くオススメします。

最初から厳しいことを言うようではあるのですが、デュエル動画界で一旗あげたい!と思うなら、まずは厳しい現状を知っておいてもらいたいな、というのが僕の考えでもあります。

逆にこれを聞いても「いや!俺はデュエル動画やるんだ!」と思った方、エクセレント!
そのやる気を強い意志にかえて、デュエル動画道への輝かしい第一歩を踏み出しましょう!


●何をするにもまずメンバーがいなければ始まらない!
至極当たり前のことですが、遊戯王というのは、対戦相手がいないと始まりません。
そしてまたまた至極当たり前のことですが、デュエル動画においても、それは同じです。
「遊戯王ADS」を使用した動画なら、ソリティアモードを活用したり、二窓を使って自分で対戦相手をやったり、レート戦をやるなどして対戦相手を用意することはできますが、デュエル動画だとそうはいきません。
なんとかデュエル動画に人を引き込まなければいけません。

◆解決策その1:「普段デュエルしている友達を引き込む」
これが一番の現実的な回答です。気心知れた友達をデュエル動画に引き込めれば、その後も意見を出し合う時にも変な遠慮がないので、コミュニケーションがスムーズに取れるのも見逃せないメリットです。
ただ。
あまりやる気がない友達を引き込んではいけません!
先ほども言ったとおり、デュエル動画は斜陽産業なので、単にアップするだけでなく「伸ばそう」と思えばいろいろな試行錯誤が必要になると思います。その上で必要なのは「協力的なメンバー」です。「やる気がない」のが悪いわけではありません。自分がしたいことでないことにやる気を求めるのは酷なものです。あまり協力的ではない人をメンバーにしてしまって「ぜんぜんあいつ協力してくれないよ……」とTwitterなどでボヤいている人が何人もいるのを私は見てきてます。
そうなると、試行錯誤どころではないですよね?
あまりやる気のない友達を無理やり引き込むのだけはやめましょう。お互いのためになりませんし、最悪、友情が壊れてしまうことだってあります。

これを聞いてちょっと難しいなぁ、と思いましたか?最初からちょっとハードル高いですよね。
無理もないです。では、発想を変えてみましょう。
友達をやる気にさせてみましょう!
自分のお気に入りのデュエル動画を見せたり、デュエル動画をやる魅力を友達に演説ぶるのです。
友達もデュエル動画をすることにやる気や興味を持ってくれればしめたもの。
ここではプレゼンテーション能力も大事になってくるとは思います。熱意も大事ですが、押し付けがましくなってしまってもいけません。小さいころ、お母さんに「宿題をやりなさい!」と言われると急にやる気がなくなってきた経験はないでしょうか。あくまで「興味を持ってもらう」ことが大事です。押し付けがましくなってしまうのはいけません。
クールに、スマートに、戦略を立てましょう。

もちろん、最初からデュエル動画に興味を持っている友達を勧誘できればそれが「ベスト」です!


◆解決策その2:「SNSなどで公募する」
最近増えてきたパターンです。私も先月と今月で何度かTwitterでの募集ツイートをリツイートしています。
この方法のメリットとしては、公募ですから、やる気がある人が集まってくるというところがあります。
しかし、デメリットとしては、人が集まりにくいです。僕が知っている限りでは、デュエル動画のメンバー募集はあまり集まっていないというのが現状です。やる気があっても、撮影場所が近くなければ参加できないですしね。、
自分から張り切って応募してくるほどアグレッシブな人が沢山居るとは限りませんし、SNSでの交流を広げておくなど、積極的にメンバーを探す姿勢を見せることが大事だと思います。
あと、どんな動画にしたいかなど、なるべく動画方針を固めておけば、応募してくる人もイメージが湧きやすいと思うので、少なくとも、ある程度のイメージを固めてから募集をかけるようにしましょう。
また、SNSからの出会いだと、友達を勧誘したパターンとは違って、初対面からのスタートであることが多いと思うので、最初は意見をぶつけあうことに抵抗があるかもしれません。なので新しいメンバーとともに試行錯誤を繰り返してゆくためにも、積極的に、臆せずに、交流していくことが大事だと思います。

●どんな動画にしたいか決めよう!
動画の撮影を始める前に「どんな動画にしたいか」というイメージははっきり持っておいたほうがいいと思います。
でも最初から「どういう動画にしたいか」と考えても、デュエル動画を最初からはじめよう!という人には少しイメージが湧きにくいかもしれません。なので、最初は参考にする動画を1つ、決めておけばいいと思います。
デュエル動画をやりたいと思ったからには、好きなデュエル動画の1つや2つはあると思います。そのデュエル動画を見て「俺もこんな動画を撮影したいなぁ」と思ったはずですよね? だったら真似しちゃいましょう!
もちろん動画に見えているものが全てじゃないですから、真似をしようにも「あれ?ここはどうすればいいんだ……」というところが出てくると思います。ですが見えてる部分だけでも参考にできるところは必ずあるはずです。すぐに撮り始めるのもいいですが、ちょっと立ち止まってみて「伸びてるところはどうして伸びてるのかな?」と考えてから撮り始めたほうが、分析した結果を自分たちの動画にフィードバックできてよいと思います。
もちろん、メンバーが集まっているなら、お互いに分析した結果を話し合って、意見を交換してみるのもいいでしょう!

☆閑話休題(応用編へむけて)……「他の動画との違いを意識してみよう!」
デュエル動画をいろいろ見てみると、ふと思うことがあるかもしれません。
「どこも同じような動画ばっかりじゃね?」
と。もっともな話です。僕もそう思います。同じ「遊戯王」を取り扱っている以上、仕方ないとは思いますが、デュエル動画の数がどんどん増えては消えていく昨今「他との違い」を明確に打ち出せなければ、動画は伸びません。更に言えば「ここも他と大して変わらないな」と思われて、ブラウザバックされてしまうのがオチでしょう。
そんなの嫌ですよね?僕も嫌です。ですから昨今のデュエル動画は他とは違うことをやって、視聴者を動画に「引き込む」ことが求めらていると思います。
「お前、偉そうにそういうけど、くうねる、お前それ出来てんのかよ?」
出来てません。簡単にできることではないと思います。
ただ、分析して、思ったことはあるし、僕自身試してみたいなと思っていることがいくつかあります。
詳しくは『デュエル動画のススメ ~「2回目」これからデュエル動画を始めるキミへ<うさぎさんコース>』で話そうかと思い
ます』


●撮ってみよう!

実践編です。撮影するには、撮影機材がなければいけません。
機材と聞くと、ちょっと大げさですけど、ようはカメラです。
オススメのカメラや撮影環境のミソのデュエルのミソのミソさんがブログでわかりやすくまとめられているのでこちらを参考にすると分かると思います。
数年前、僕が動画を始めて間もないころは、良記事として度々話題に上ったものですが、今ではすっかり埋もれてしまっているようなので、改めて紹介させて頂きます。決してめんどくさかったわけではないです。

……え、何々?「カメラが高い?」
もっともな話です。だいたいいくら安くったって1万円くらいしますよね。いきなり1万円ポンっと出せればいいんですけど、あまりお金のない学生さんにはバカにならない額です。
でも心配御無用!
最近ではスマホを使っても十分な画質で撮影できることが確認されています!
最近ではほとんどの人がスマホを持っているらしいので、デジカメがないけれど、カメラは買えない!という人はスマホを使いましょう。
かくいう僕も、デジカメのバッテリを充電している間も撮影ができるように、iPhoneを併用しています。
ただ、三脚。これは必ず買ってください。あるのとないのでは大違いです。カメラをしっかりと固定でき、撮影に適したカメラの角度を微調整することができます。というより、使わないならどうやって撮影するのか!?というレベルで「必須」です。
あと、スマホを撮影に使うなら、もう1つ。三脚をスマホに固定する器具が必要になります。
どちらも1000円くらいで十分な機能のものが手に入ります。最低限、これらは必要経費なので適宜購入してください。
下に私が使っている三脚とスマホ固定器具を載せておきましたので、是非参考にしてください。

 

さて。機材が揃ったところで撮影です。アップロード含め大体は先ほどのミソさんの記事に書かれてあるのですが、個人的には「カードの反射」に気をつけてほしいと思います。カードの表面が光で反射して見えなくなってしまうのです。
すると何のカードがプレイされたかわからなくなってしまい、非常に見難い動画になってしまいます。
なので撮影する前に、カードを置くなどしてカードの映りが問題ないかを確認してから撮影するといいと思います。
光がどうしても反射してしまう場合は、光源から離れたり、光源の強さを調整するなどして対処しましょう。

あと「大きな声でちゃんとしゃべること」を心がけましょう。何言ってるかわからないボソボソした声を聞き取るのは視聴者さんにとっては非常にストレスになります。そんな下らないことでストレスになるぐらいなら……言わなくても後はわかりますね?
最低でも「プレイしたカード名」は聞こえるようにはっきりとしましょう。
カードは反射してるわ、何言ってるかわからないわだと、動画として最悪と言わざるを得ません。
視聴者さんの目線に立って撮影することを心がけましょう!

欲を言えば、デュエルする2人の他に、カメラをチェックする人がもう1人いるのがベストですね。


●おわりに
どうだったでしょうか。思ったよりも、難しかったでしょうか。それとも、思ってたよりも難しくなかったでしょうか。
しかしこれはほんの始まりに過ぎません。
ここに書いたことだって基本中の基本です。いずれはしっかり考えた上で、自分たちのスタイルを確立していくことが大事になってくると思います。一応、何も考えずに適当にカメラで撮影して、エンコードすれば動画としてアップロードはできます。
ただデュエル動画として体裁をなそうとすると……更に伸ばそうとすると、それだけでは不足なのです。
最終的にはメンバーと意見を交わしつつ、協力しながらどうしていけばいいか、絶えず頭を働かせながら自分たちの動画に向き合わなければならないのです。

『デュエル動画のススメ ~「2回目」これからデュエル動画を始めるキミへ<うさぎさんコース>~』
に続きます。この記事の応用編になります。いつ更新するかはわかりませんが、お付き合い頂ければ幸いです。  

ではまた会う日まで。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://itsmyshortage.blog98.fc2.com/tb.php/173-21024bc0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

くうねる

Author:くうねる
デュエル動画「ぽれぽれデュエルタイム!」投稿者。

↓最新動画↓


TweetsWind

Pixiv
Twitter

最新トラックバック

カウンター

RSS

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。