Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://itsmyshortage.blog98.fc2.com/tb.php/164-e87ef219

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【デッキ解説】-【モノケロスクラップ】

【モノケロスクラップ】

モノケロ

モンスター(22枚)
虚栄の大猿×3枚
ライトロード・ハンター ライコウ
モノケロース×3枚
フォトン・スラッシャー×2枚
スクラップ・ビースト×3枚
スクラップ・キマイラ×3枚
クレーンクレーン×3枚
キーマウス×2枚
TG ワーウルフ×2枚

魔法(14枚)
大嵐
死者蘇生
強欲で謙虚な壺×2枚
ブラック・ガーデン×3枚
テラ・フォーミング
スクラップ・スコール×3枚
スクラップ・エリア×2枚
おろかな埋葬

罠(4枚)
強制脱出装置×2枚
リビングデッドの呼び声×2枚

エクストラデッキ
TG ハイパー・ライブラリアン
スクラップ・ドラゴン×2枚
ブラック・ローズ・ドラゴン
ボルテック・バイコーン
ライトロード・アーク ミカエル×2枚
ラヴァルバル・チェイン
炎魔竜 レッド・デーモン
月華竜 ブラック・ローズ
交響魔人マエストローク
獣神ヴァルカン
神樹の守護獣-牙王
閃珖竜 スターダスト
発条機雷ゼンマイン


□活躍している動画




□コンセプト

「ぽれぽれデュエルタイム!」39回で使った【モノケロスクラップ】です。
細かいところは違っていますが、最適化した結果が以上のデッキになっていると思います。

最初は《モノケロース》をうまく活用することをコンセプトとして、デッキの完成を目指しました。

《モノケロース/Monoceros》 †
効果モンスター
星3/光属性/獣族/攻1000/守1000
このカードは通常召喚できない。
手札の魔法カード1枚をゲームから除外した場合に特殊召喚する事ができる。
このカードと獣族チューナーを素材としたシンクロ召喚に成功した時、
そのシンクロ召喚の素材とした獣族チューナー1体を
墓地から特殊召喚する事ができる。


シンクロ召喚に使用された時、相方のチューナーが獣族なら、それを蘇生するというものです。
シンクロした後、そのチューナーを蘇生することができるならば、必然的にシンクロモンスターを複数並べる、展開力の優れたデッキになると考えました。

そこで僕は2種類の獣族チューナーに目を付けました。
それが《スクラップ・ビースト》と《虚栄の大猿》です。
《スクラップ・ビースト》の場合は《スクラップ・キマイラ》で吊り上げたあと《モノケロース》を特殊召喚すればレベル7シンクロ+《スクラップ・ドラゴン》の布陣を敷くことができ《スクラップ・ドラゴン》が破壊されても《スクラップ・キマイラ》もしくは《スクラップ・ビースト》を残すことができ、返しでモノケロースを絡めた建て直しがしやすいという点に着目しました。

そして《虚栄の大猿》は《スクラップ・ビースト》を墓地に送りつつ、モノケロースとのコンボで召喚権を使わずにレベル8シンクロ+《虚栄の大猿》という場を構築できるからです。

その召喚権で何をするか?というと、一番強いのが《クレーンクレーン》です。
前述のレベル8シンクロ+《虚栄の大猿》で場が整っている状態で《クレーンクレーン》召喚、効果で《モノケロース》を蘇生します。《クレーンクレーン》で蘇生したモンスターは効果が無効になりますが《モノケロース》は墓地発動なので、問題なく効果が発動できます。そうして《虚栄の大猿》とシンクロして、レベル8シンクロをもう1体作りつつ《虚栄の大猿》を蘇生し、残った《クレーンクレーン》と更にシンクロ召喚を行い、合計で3体ものレベル8シンクロモンスターが場に並ぶことができます。
レベル8には万能破壊効果を持つ《スクラップ・ドラゴン》がいますので、《スクラップ・ドラゴン》2体を出して相手の壁モンスターや伏せカードを破壊、もう1体のシンクロは《閃珖竜 スターダスト》を出して《聖なるバリア -ミラーフォース-》などのカードをケアしつつ、ワンターンキルを行うことができます。

《スクラップ・ビースト》と《クレーンクレーン》との相性もいいです。
《ブラック・ガーデン》を発動しつつ、《クレーンクレーン》から《モノケロース》を蘇生、ローズトークンを2体生成し《ブラック・ガーデン》を破壊。
そして《スクラップ・ビースト》を蘇生《モノケロース》とレベル7シンクロモンスターを出しつつ、《スクラップ・ビースト》を蘇生。残った《クレーンクレーン》と《スクラップ・ビースト》でもう1体レベル7シンクロを出すことができます。
そして《モノケロース》は光属性なので、レベル7シンクロでは《ライトロード・アーク ミカエル》を出すことが出来ます。このカードは場に存在する相手のカードを1000ライフ払えばなんでも除外できるので、非常に突破力があります。

このように、レベル7とレベル8のシンクロモンスターを複数並べて攻めてゆくデッキになります。
なので、基本《虚栄の大猿》の効果は使わないのですが、例外があります。
それは《フォトン・スラッシャー》と《TG ハイパー・ライブラリアン》を出すことです。
このデッキには、レベル4のスクラップモンスターが投入されており、それは獣族なので《虚栄の大猿》で捨てると《虚栄の大猿》の効果でレベル1になります。
《フォトン・スラッシャー》と一緒に、召喚権を使わないで《TG ハイパー・ライブラリアン》を出せるというのは、このデッキではかなり強いです。それは《クレーンクレーン》を使ったコンボで、2枚~3枚のドローを見込めるということであり、消費の激しくなりがちな手札を回復することができます。

このデッキは《スクラップ・ドラゴン》や《ライトロード・アーク ミカエル》といった、強力な除去効果を持つシンクロモンスターを大量に並べることができ、とても強く楽しいものになっています。
また《モノケロース》を使えなくても《スクラップ・キマイラ》と《スクラップ・ビースト》の組み合わせで安定して序盤を戦えるスペックがあるのも魅力の1つです。
そして《モノケロース》と《クレーンクレーン》を合わせるととても高い火力を引き出せるのがこのデッキの1番の魅力となっています。

普段は注目されることのなかった《モノケロース》ですが、本当はすごいポテンシャルを秘めているカードです。
僕も使ってみてはじめて、その強さに驚きました。
そしてできることならば皆さんも、普段使うことの無い《モノケロース》というカードの強さを、ぜひ、使って味わってみてください!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://itsmyshortage.blog98.fc2.com/tb.php/164-e87ef219

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

くうねる

Author:くうねる
デュエル動画「ぽれぽれデュエルタイム!」投稿者。

↓最新動画↓


TweetsWind

Pixiv
Twitter

最新トラックバック

カウンター

RSS

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。