Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://itsmyshortage.blog98.fc2.com/tb.php/104-2add4e30

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【動画連動】フュージョニスト創星神



君はこの動画を見たか!?
前回紹介した「(擬似)手札4枚で《創星神 sophia》するデッキ」が改良されて動画になりました!
果たして神は出るのか!?
必見です!

ここではそのデッキの解説を改めてやっていきたいと思います。
動画では2011年9月制限準拠ですが、2012年3月制限準拠に改めさせていただいてます。

※ 動画のネタバレを多分に含んでいるので、動画を見てから記事をお読みいただくことを推奨します。


続きから読む、で記事へどうぞ!



モンスター(20枚)
創星神 sophia×3枚
召喚僧サモンプリースト×2枚
終末の騎士×2枚
覚醒戦士 クーフーリン×2枚
シンクロ・フュージョニスト×3枚
ジャンク・シンクロン×3枚
E・HERO バブルマン
E・HERO スパークマン×3枚
BF-精鋭のゼピュロス

魔法(20枚)
未来融合-フューチャー・フュージョン
地獄の暴走召喚×3枚
増援
精神操作
死者蘇生
再融合×2枚
高等儀式術
儀式の準備×3枚
簡易融合(インスタントフュージョン)×3枚
覚醒の証×2枚
ミラクル・フュージョン×2枚
おろかな埋葬

罠(2枚)
リビングデッドの呼び声×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
E・HERO The シャイニング
E・HERO アブソルートZero
E・HERO エスクリダオ
No.39 希望皇ホープ
TG ハイパー・ライブラリアン
アーカナイト・マジシャン
カオス・ウィザード
ガチガチガンテツ
カルボナーラ戦士
スクラップ・ドラゴン
ミスト・ウォーム
ラヴァルバル・チェイン
音楽家の帝王(ミュージシャンキング)
機甲忍者ブレード・ハート

・【メイン・コンセプト】

《シンクロ・フュージョニスト》で《創星神 sophia》降臨に必要なパーツを集めていきます。
《ジャンク・シンクロン》から《地獄の暴走召喚》で☆9シンクロを作りつつ、《簡易融合》《再融合》《未来融合-フューチャー・フュージョン》を一気にサーチできるとアドも稼げてパーツも一気に集まります。

墓地に《シンクロ・フュージョニスト》が落ちている場合に

《地獄の暴走召喚》
《ジャンク・シンクロン》
《創星神 sophia》
《儀式の準備》

があれば《創星神 sophia》が降臨します。
そこらへんの詳しいアレは動画で。
これで一応、手札4枚での降臨となります。《地獄の暴走召喚》の関係上、先行からっていうのはどうしても無理ですが、可能性は低いので僕は無視していいと思います。
それにどれも無制限カードなので、確実性も少しはあるんじゃないかな、と。
《シンクロ・フュージョニスト》だって落としておくだけで構いませんしね。


・何故《覚醒戦士 クーフーリン》なのか

これは疑問を持たれた方も居るかとは思いますが、ちゃんと拘りがあります。
このデッキは《高等儀式術》《未来融合-フューチャー・フュージョン》の存在から、バニラ・モンスター
とE・HEROの投入を余儀なくされます。これは本筋にはあまり関係のない、カードなので枠を圧迫するのですが、儀式モンスターを《覚醒戦士 クーフーリン》に設定することで、《E・HERO スパークマン》がそのどちらの役目をも果たしてくれます。
これはかなり助かりました。

後、☆が4なので、エクシーズ召喚に繋げやすいというのもあります。
戦士族なので《機甲忍者ブレード・ハート》になれるというのは見過ごせないメリットなのではないかな、と。

・僕のこだわり「勝ち筋」とは
正直、ここまで《創星神 sophia》に特化しても、出ないことも多いです。
《シンクロ・フュージョニスト》と《地獄の暴走召喚》はネタ・デッキに留まらないポテンシャルを秘めたコンボだと自負しているので、《ミラクル・フュージョン》や《簡易融合》を利用したエクシーズ召喚も行えるように設定しています。
つまり、切り札を《創星神 sophia》に限定してません。
本筋、「やりたいこと」「見せたいこと」は《創星神 sophia》ですが、引かないことも多いですし、安易に《創星神 sophia》ばかりを狙うことで、怠惰なデュエルになって相手をがっくりさせてしまう、なんてことになるのは僕にとって怖いことだと思ったのです。
だから僕は《創星神 sophia》を引かなくてもエクシーズ・ギミックやHEROの力を借りることにより、それを勝ち筋とするもうひとつのルートもデッキとして設定しています。
「出すためだけ」のデッキならばいくらでも創れます。
しかしそれが「正解」なのか?
確かにこのデッキは「魅せる」方に多分に寄ったデッキです。
しかし「魅せる」ことだけに意識が行って、決闘の本質たる「勝負」を疎かにしてはならぬと思いました。
動画は「魅せる」ことが重要なので《創星神 sophia》を出すことに終始しました。
れざーどにもかなり協力してもらいました。
でも、もし、動画を見てこれを参考にしてくれる人が居たとしたならば……。
と思って、上のようなメッセージをこめて、今の形に手直しさせていただきました。
「魅せる」ことも重要、「勝ち負け」も重要。
でも、どちらかに寄り過ぎてしまったら、エゴイスティックなデュエルになってしまう。
大事なのは何時でも「楽しんで」デュエルすることですからね!
デュエルは一人じゃ出来ません。
自分と、相手。
両方を意識し合い、尊重し合えるようになれば良いな、と思います。
そういう事を、特に、《創星神 sophia》のような魅力ある大きなコンボをコンセプトとしたデッキにおいて良く考えるのでした。

と、小難しく言いましたが、まあ大丈夫です!
一応、《創星神 sophia》は出るように最大限の構築をさせてもらいました。
無理のない範囲でほかの勝ち筋をブチ込んでますので、あ、こりゃあ《創星神 sophia》無理だな、と思ったらそっちでやる感じでやっちゃって全然大丈夫ですよ、そういう設計にしてますし、ってことです。
逆に普通に戦ってたら「うはwwww《創星神 sophia》引いたwwww出るwwwおkwwww」みたいなこともありますしね。
狙い過ぎると負けちゃうから、ほどほどに。ってね。

それでは、動画を観てくれた方は特にご視聴も、ありがとうございました!
また会える日までアディオスアミーゴ!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://itsmyshortage.blog98.fc2.com/tb.php/104-2add4e30

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

くうねる

Author:くうねる
デュエル動画「ぽれぽれデュエルタイム!」投稿者。

↓最新動画↓


TweetsWind

Pixiv
Twitter

最新トラックバック

カウンター

RSS

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。